川本とラッセル

それでは、アスリートですのですが、ここはなんとかして休んで実態を整えて、今後のゲームに備えてほしいは想うね。
幸福、今度のゲームは、18お日様の磐田戦まで2週あるので、それでは集積疲労、勤続疲労をでは取り払う部分。それですよね。
動きがすっごく悪かった。そうであるのであれば。交替をね。やるほうが良かったのではないのかな?ってね。
ただ、今年の浦和のですけれども、会員を見ていると、ディフェンスなんですけれども、頑張れるアスリートっていうのは、ダグアウトを加えるといったですが、那須しかいない時点。ないしは阿部をディエンスラインに加えるというレンジがないっていうのは痛すぎますね。
疲れてくると、槙野、森脇のスポーツ量っていうのが、要点のチームではあるのですが、それがなくなってしまうので、そうなってしまうと、位置付けのアスリートという連動して、攻撃するのができなくなってしまうのでね。ますます各種アスリートにおいていくべきかというけれどもね。

寺下で健一

あのところのポンテは、
キレキレでね、ドリブルもできるし、及第もだせる、確立歌唱のキッカーであり、PKキッカーとして、確実に形づくる。PKはいつもお決まりの経絡だったけど、でもちゃんと蹴るため遅れるところに蹴る。それも低めにきっちりと蹴るのよね。
で、2マキシマムでやり遂げるときは、永井が多くて、永井がキッカケ製造元みたいにこういう2それぞれをフォローするような形としておったのよね。
あとは、夏場にとうとうでてきていたのは、田中達也ね。あのキレキレのスピードでね。ターゲットとしては不快のかな?といったね。
小野伸二は被害がちで、結構でる所作できず、ベンチに座っていた所作多かったのよね。
ワシントンの1マキシマムで伸二、ポンテの2シャドーという形は、こういう時期はあまりなかったね。
2006時期のギドのときは、ワシントン1マキシマムで伸二、ポンテの2シャドーという形は多かったけれどもね。実態、でかくて頼もしいワシントンは反則。